枚方市の子ども食堂体験☆「さざなみこども食堂」に行ってきた!

こんにちは!
子供と毎週のように子ども食堂に行っているともちゃんだよ\(^o^)/

みんなは子ども食堂って知っているかな?

子ども食堂とは??

子ども食堂は、家庭的に課題のあるなしに関わらず、全ての子どもたちに来てもらえる居場所になっています。
枚方市の補助事業として、保健所等のチェックを受けた上で、実施されているものです。
温かいご飯を作って待っています。つながりやぬくもりが感じられる子ども食堂にお気軽にお越しくださいね。
中学生以下は無料です。

子ども食堂の願い

子どもが住まう地域の道を歩きお店のおじちゃん・おばちゃんと言葉や笑顔を交わすことこそ地域で子どもを育むということです。大人が子どもの顔を覚え、遠くからでも見守ることは…子どもの成長を支えることです。
そんな経験や実感が今、大切にされ必要とされるものなのです。
「わたしでよければ」
そんなほんの少しの気持ちから・・・

私たちと一緒に子供の居場所を作っていきませんか?

ともちゃんは枚方市に引っ越してきた組の嫁なので、枚方市について詳しく知っていません!幼稚園は?小学校は?中学校って何処なん??
祖父母も近くにおらず、またママ友0からのスタートだったので、子どもを育てるとなると周りとの繋がりが希薄なことに不安を覚えていました。
地元の情報とか知らないし、地元の人達との繋がりもそんなに無い・・・家族で孤立してしまわないかとハラハラハラ・・・。

そんな中、子ども食堂が今現在住んでいる樟葉から始まり、コレは良い機会!とすぐに参加し始めました。
仕事帰りにそのまま4歳と2歳の子ども二人連れて子ども食堂に行くのですが、子ども自身「お友達とおもちゃがたくさん!」と週に1度のお楽しみDAYに( ´ ω ` )!特に長男はいつも苦手で食べない野菜も、地域の温かいボランティアのお母さんがたに可愛がられながらだとパクパクと食べて自慢げにしていて、親もしめしめと思っています。
ママ自身も地域の人たちとの繋がり&その日のごはん作りをお休みさせてもらってたりと、ありがたや~ありがたや~。

おかげさまで、ママも子どもも子ども食堂のファンになってしまいました。
そして是非たくさんの方々に「子ども食堂」を知ってもらいたい!
更にもし近くで開催されていたら、是非行ってみて!!という勢いで子ども食堂レポ開始デース!!!

地元に子ども食堂があっても、やっぱりどんな雰囲気なのか知ってから飛び込んでみたいですよね><。

 

今回は「さざなみこども食堂」に行ってきた!

樟葉駅周辺は枚方市の子ども食堂の先駆けともあって、子ども食堂が多数あります。
今回はさざなみデイサービスで毎月第1・3・4金曜日に開催している「さざなみこども食堂」にお世話になりました!!

さざなみさんはともちゃんの家からとても近いので、子どもと一緒によく参加しています。

子ども食堂の日はいつも入り口に自転車がイッパイ!
裏手にも駐車場があるので、そこで自転車を止めさせてくれます。

ごはんは昔ながらの母の味が多くてママも癒やされるという印象。ともちゃんが一番うれしかったのは冬のおでんの時で、前日から仕込んでくださっていたそうです!美味しかった><。
今回参加した日は、柔らかハンバーグとポテト&スープ。
スープには子どもの好きな葛きりが入っていて、一番に食べきってました。

参加者は小学生くらいのママと子どもが多いです。
我が家みたいに小さい子供連れももちろん居ますよ!!

食事をしていると、気さくな子ども食堂の方が話しかけてくれて、子どもの相談やアドバイスをくれたりしました!さすがママ先輩><。

さざなみさんでは参加してくれた人たちの笑顔を写真に収めてくれるカメラマンが居ます(笑)
食堂内にアルバムが置かれていて、さざなみさんの子ども食堂の歴史を見ることができますよ!
うちの子どもはカメラを向けられると、頑張って野菜を食べてるアピールしたり、嬉しい効果もありました\(^o^)/

ご飯を食べ終わった子どもたちは、おお部屋の一角にある小上がりの畳スペースで遊んでいました。

我が家の子どもも家にないオモチャで遊べると、兄弟で取り合いつつ遊んでました!もちろんお兄ちゃんお姉ちゃんにも遊んでもらって、ご満悦なよう^0^

ご飯を作ってくれているのは、地元のボランティアのお母さんがたが作ってくれています。
子どもが食べ終わった食器を持って「ごちそうさま!」と持っていくと、ニコニコ笑顔で受け取ってくれました。子どもご機嫌@@

チラシはこんな感じです。
もし家が近かったら、子どもと一緒に行ってみてくださいね!!

「さざなみこども食堂」さんにお話聞いてみた!!

どうして子ども食堂を始めたんですか?

近くにある保育園の「ちいさいほいくえん みんなの里」の子どもたちとお昼の交流をしています。そこでもっと子どもたちの力になりたいと考えていたところ、みん里さんの方から子ども食堂のことを紹介してもらったことがきっかけです。

どんな子ども、家族に参加してもらいたいですか?

どんな子ども・家族も参加してほしい。すべての人のお腹をいっぱいにさせてあげたい。
もし仕事が忙しくてお疲れのママがいたら、子ども食堂で家事を忘れてくれたら嬉しいし、晩御飯をひとりで食べる子どもが居たら子ども食堂でみんなで美味しく食べてもらいたい。
高齢者が作るごはんが魅力で、料理の先生も居るのでご飯の味には自信があります。野菜嫌いの子どもも野菜が食べられるよう、工夫もしていますよ。

どんな時に開催して良かったと感じますか?

子どもの成長を見守れるところ。まだご飯の食べ始めでうまくスプーンも使えなかった子どもが、今ではひとりでお腹いっぱいに食べてくれる姿を微笑ましく思います。
日々お疲れのお母さんたちにも、ありがとうと声をかけられることもうれしいですね。

「さざなみこども食堂」情報

さざなみぶどうの会さざなみこども食堂

場所 さざなみデイサービスセンター(楠葉並木2-20-6)
小学校区 樟葉西
参加料 中学生以下:無料
高校生以上:500円
実施日時 第1・3・4金曜日 17時00分~20時00分
お問い合わせ 072-867-5295
アクセス 京阪本線 「樟葉駅」より徒歩15分
GoogleMaps
備考 1日30食、宿題のサポートします。

子ども食堂レポ一覧

子ども食堂一覧(2017.07.31)


ベビー&キッズとママが輝く子育てコミュニティ

キラキラ枚方ママ

 

ともちゃん
本名は井筒知子(いづつともこ)。キラキラ枚方も元メンバー。2018年のハロウィンパーティで枚ママを卒業してサポーターに。 東京造形大学を卒業し、東京にてWEB会社へ就職。 2011年に東京から大阪に拠点を移し、WEBデザイナーのフリーランスとしてお仕事開始。 東京からのお仕事をこなしつつ、新たに大阪でのコミュニティを広げるため、コワーキングスペース通いしている。 現在は大阪に家庭を築き、子ども二人子育てしつつ日々精進。

PAGE TOP